2013年12月24日火曜日

ゼロ・グラビティ

早く観に行きたかったんですが。
3D版か2D版か?で迷い。
3Dで観るべし、という意見が多かったので3D字幕版で観ようと決意したものの。
今度は劇場によって3Dと2Dの両方を放映してる場合、とうぜん、観に行きたい時間帯には3Dが放映されてなかったりと。
非常に難しい状態で連休まで待つしか方法がなかったですね。
よってこの日は「この作品を観る」という目的以外に目的なし、という感じで挑みました。

IMAG0769

ストーリーに難解な部分はなく。
スタートからエンディングまで突っ走ります。
サイドストーリーもありません。
(例えば「一方その頃、地球上では…」みたいなのはありません。)
ただ、じっと見守るしかありません…(汗)

多くの人が「3Dでみるべき作品」ということなので3Dで観ましたが。
やはりボクは3Dは嫌いです。
この作品でもそうでした。
多くの意見の通り3Dに適した題材だとは思いますが、ボクのヒネクレた眼にはいまの3D映像は「何層にも重なりあう平面」にしか視えないのです。
奥行き感は感じますが、何枚もの平面が重なり合っている、としか感じられず、立体には視えませんでした。
ボクは4K映像の方が好きです。むしろ4Kの方が3Dに視えます。
ギミック的に飛び出すネジとかああいうのは面白いですけど、それは作品とは無関係だし…
ゼロ・グラビティ
宇宙空間
脱線しましたが。

映像特殊効果は凄まじく。
宇宙空間が見事に再現されている(んだろう)と思いました。(行ったことないので詳細不明)
監督はアルフォンソ・キュアロン
撮影の殆どがブルースクリーン前だったでしょうし。
俳優だって、いない?ヒトリしか映ってないし。
ものすごく困難な撮影現場だったでしょうね、想像できます。

映像処理にお金がかかりすぎる?せいなのか、登場人物は極小です。(汗)
まず主演のライアン・ストーン役のサンドラ・ブロック
他にはジョージ・クルーニーだけです。
この二人以外は声だけだったり、、するわけです。
ギャラは安上がりに抑えましたね…

一番の恐怖は宇宙空間にヒトリ放り出されるところでしたね…
身の毛もよだつ…恐怖を味わいました。(*_*)
コレはヤメテ!
うる星やつらの面堂終太郎は「暗いよー狭いよーこわいよー」の閉所恐怖症
この宇宙空間放置プレイは「暗い!果てしなく広い!超恐い!」の開所恐怖症?と呼べばいいのか?スクリーンから目が離せなくなり、心拍数が上がり、呼吸数が増える…

酸素の残が減っていく…呼吸数減らせよ!ライアン!
なぜか、観てる自分が呼吸を停めてしまう…
(む?む!ボクが息を止めても無駄や!)
しかし息苦しい。
よく意識を失わず冷静で居られたな?感心するわ!
ボクなら途中で泣きだして、錯乱状態になってチーン…だと思う…(恥)

ジョージ・クルーニーのスナフキンのような「飄々さ」は、たしかにそういう味の俳優だし。
それはそれで理解できるけど。
あまりにもかっこ良すぎる自己犠牲。
ちょっと映画チック?すぎたかな。
実際にはあんなにスマートにはいくまい。
あのシーンは冬山登山なんかのシーンでよくありますよね、あれと同じ。
もっと泥臭くても良かったかも。
チョイ役です
中国の衛星が出てくるので上海の映画館でも大ヒット中らしいですが。
去年観た「2012」では中国人が船を建造して中国人は乗せてもらえなかったという理由で大ブーイングだったハリウッド映画も、どうやら中国人に気を使うように(擦り寄るように?)なったようですね。
無重力空間で卓球なんてできるわけないのに、わざわざ卓球のラケットを浮かべたりして涙ぐましい努力も観られました…

全体の9割?がライアンしか出てません。
つまりサンドラ・ブロックの「一人芝居」です。
月に囚われた男」も一人芝居作品でしたが、あれよりも強烈に「ヒトリ」です。
そしてアルフォンソ・キュアロン監督、独特の「ながーーーーーーいカット割り」がこの作品でも。(汗)
(この監督の作品ではトゥモロー・ワールドがオキニです。)
すんげえ、長回し。
サンドラ・ブロックってこんなにすごい役者だったけ?
いつの間にか熟女っぽくなってるし!
正直、こんなに演技できる女優だとは思ってなかった…(恥)
ボクのイメージでは恋愛モノ作品でいつもキャピキャピ演技?だと思ってた。
しかし!いつの間にか?彼女も熟女に。
(っていうか、そもそもボクより年上やん…1964年生まれか…)

10分以上、ノーカットでカメラ回りっぱなしで、、おそらくブルースクリーンで、あれだけの演技ができるとは。
おみそれしました、サンドラちゃん。
インタビューによるとブルースクリーンではなくブラックスクリーンだったそうです…



そして、誰もが思ったこと…

「もう、宇宙になんか行かない…」

ですね。(笑)
これに尽きます。
宇宙なんてITバブルで金持ちになったバカエモンとかああいう奴らが馬鹿みたいに大金つぎ込んで行けばいいんだよ、ってしみじみ思ったわ…
ボクは、将来、億万長者になっても宇宙になんか絶対行かないぞ、誓います、まあ、無いけど。(笑)


0 コメント: