2015年11月22日日曜日

そうだ姫路へ行こう

21日の日記

前述の通り。
この日は姫路へ行きました、もちろん自転車で。
朝は6時に起きたんですがダラダラしてしまい。
スタートしたのは8時でした。
今思えばここから間違い。

走りだしてすぐ(ああ、しんど)になってました。(汗)
やはりマインドはもうオフモード。
なかなか気持ちが上がりません。

なのに事前に決めたルートを黙々と馬鹿正直に走る。
これも今考えるとオフなんだから臨機応変にショートカットすればいいものを…
馬鹿ですねぇ。

そして逆瀬川駅に着いたのがもう午後2時過ぎてたし。
さすがのボクもこのまま六甲山に登ったら遅刻するなぁ、と思い始めたのでした。

でも登ってる途中で(まあええやん。)と開き直り、Facebookで「六甲山に登ってるんで遅れます。」と書き込んで気にせずライド。
そしたら今度はナイトライド突入で知らない道で真っ暗、という危険走行で疲れた。(笑)

Garminの計算通り午後6時半にホテル到着。
Garminの計算はいつも正しい。
ボクの予想はいつも間違っている。(笑)
アホですねー。
 
途中でGPS信号を拾えなくなってるんで数値はデタラメです。
だいたいこんなルートってことで夜露死苦。

ホテル到着後、急いでシャワーして着替えてタクシーに飛び乗り「瓢亭」というお店へ。
この宴会に参加するのは何年ぶりだろう?
3年ぶりぐらいかな?
2001年日本青年会議所日中友好委員会の仲間
今から13年前。
日本と中国を行ったり来たりして、共に闘った?仲間たち。
今と違って当時の中国はまだまだ貧しくて。
みんな肩を寄せあって生きていた。
なんだか、泥と石でできたような家ばっかりだった。
モノも無かったし、着てる服だって、みな同じような服着てたし。
それでもたぶん今の中国の人たちより幸せそうに思えるなぁ。
なぜなんだろうね?
それが近代化ということなのか。

そんなことを考えながら瓢亭でカニ食ってました、マイウーでした。
その後はチャンネーイッパイの飲み屋さんでみんなで大騒ぎして。
午後10時ぐらい?11時だっけ?
ゴールイン。
もう致死量を越えていたので必死の思いで店から出てタクシーに飛び乗ってホテルへ戻りました。(のはず)
気がついたらベッドで寝てました。
部屋は殺人現場のように荒らされていました…なんやこれ?って感じ。

来年は徳島で飲もう!って話になってたように記憶してます。(たぶん)
齋藤先生の「設え」で「阿波踊り大会」になるとか?というのも薄れていく記憶の片隅に残っています。
非常に楽しみです。
自転車で徳島ってどうやって行くんだろう?(笑)