2020年12月7日月曜日

LEOMO 待望の縦表示へ

普段のサイコンはHammerhead Karooを使っていることが多いのですが。
実は以前はSIMを差して走ってたんですが、あんまりSIMの必要性を感じることができません。
せっかくAndroid OSで動いているのに通信の恩恵があるのは「位置情報の共有」ぐらいしかできないので、最近ではSIMを抜いてました。😅

んで抜いたSIMは最近、殆どがLEOMOに刺してます。😊
拡張バッテリを購入してからはブルベ最強サイコンになった!と思ってます。

実際に、300kmのブルベでも使用しましたがバッテリを充電することなく走り終えることが出来ました。😊
Android OSは「9」が走ってます。
実に見事なバッテリ制御だと思います。
ただ、「たったひとつ」気に入らない点が有ったのです。
それがサイコンアプリが「横向き表示固定」だったことでした。😖
LEOMOは小型画面なので他のアプリは全て縦向きでないと表示できる部分が少なすぎて大変なのでした。
ようやく、、、縦表示対応。😊
これは嬉しい発表でした。

スクリーンショットはこちら。

原寸大。

最近のブルベなんかだとスマホはもはや「必須アイテム」になりましたし。
走りながらYouTUBEを観るわけではないですが。
SNSやメールの通知ぐらい見ることはあります。
ボクはこのほかにもAndroid Wearも装着してるので。
走りながらでもメッセージは受け取ってます。
気が狂うほどの長時間を「ボッチ」で過ごす過酷なBrevetではSNSのメッセージ等は「正常な意識を保つ必須アイテム」だと思ってます。(笑)
(そのまえにそんな狂いそうになるようなことするな!ってのも正しい意見だとは思います。)

待望の縦表示はLEOMOをますます「Brevetという長時間ステージ」で使いたいと思わせるアイテムになりました。
残るは「ナビ機能が標準では搭載していない」という弱点ですが。
これはそもそもAndroidで動いてるので他のアプリで代用できますし。
GPSを動かすとせっかくの「長時間バッテリ」がダメになるので。
これまで通りナビ専用でGarmin Etrex30xを使うと思いますけどね。



0 コメント: