2021年5月9日日曜日

石見グランフォンド2021

5月9日 2年ぶりに石見へ。
石見グランフォンドに参戦してきました。😊🚴💨

去年はCOVID-19で参加できず。
走ったのは2019年以来でした。
1回飛ばしただけなのにずいぶん久しぶりな気がしました。

1年の間に、歳を取り。
身体はムチムチになり。
体力はガタガタになって。
全てをCOVID-19のせいにして。
例年は新幹線と高速バスで大田市入りしてたのですが。
今年は公共交通機関を避け、乗用車で運転していきました。
遠いなー、大田市。😖

前日の8日、、朝の10時ぐらいに自宅を車で出て。
ホテルに到着したのが、午後3時半ぐらいでした。
ドライブインにはけっこう人が居て。
まぁ、こんなもんだな、緊急事態宣言って言ってもね、って感じでカレーライスを食べて。
大田市に入ってホテルにチェックイン。
荷物を降ろして、時間があったので前日受付へ会場へ。
さくっと受付を済ませて、またホテルに戻り。
ゴソゴソっと準備してたら、すぐに約束の午後6時になり。
集合場所の「東京亭」へ。

2年ぶりにチームメイトの軍曹と会食。

飲んで喰って、久しぶりに語らいだのですが。
やはりここ大田市でもCOVID-19の旋風吹き荒れてて。
そこはやはり節度有る態度で食事を楽しみ。
早々にひれ酒を頂いて部屋に戻ったのでした。




さて、翌朝。
5時起床。
しっかり酒が残ってて気持ち悪い。🤮
これは毎年恒例なのか?
二日酔いで200km走るというのは健康に悪いんじゃないか?と毎回反省。
最初に参加してから、もう10年以上経過してるので、10歳は加齢してるというのに。
毎回、二日酔いで走るのは学習能力が欠如してるんじゃないか?と、、これも毎回思うのです。

まぁ、こっちも慣れたもんなので。
二日酔いなのは想定内で、朝飯は買ってなかったので、そのまま風呂って着替えてホテルを出発。
途中のコンビニで麦茶だけ購入。
スタート会場へ。
思ってたより、参加者が多くて驚きました。
もっと減っちゃうのかな?って思ってたんだけど。
みんな好きやね!

そして。
この時点で今回の失策の1発目が登場。

①アイウエアを忘れる

予報で風が強くて黄砂が吹き荒れる、ということなのに。
アイウエアを持ってくるのを忘れました。😱
まぁ、眼ぐらい、なんとかなるやろ?と思ってそのままスタートしたのでした。

スタートして猛烈に仕掛ける軍曹。
まるでレースや。
アベ35km/hで行きやがる。💀
(こりゃ殺す気やな)
と覚悟。
着いて行けるところまで行こうと決める。

しかし、甘くはなく。
チェックポイント1まではチーム軍曹の最後尾をまったり走るも。
1で蕎麦を食ってからは…
チェックポイント2まで軍曹のすぐ後ろを追撃して走る。
すると軍曹は刺客として高校生2人組を呼び、先頭を牽かせるという暴挙。
(こりゃ無理や)
とあっという間に戦意喪失。
チーム軍曹の集団から速やかに離脱して単独走へ。
まぁ、ヒトリでノンビリ行こう、と思ったら…次のハプニング発生。

②チェックポイント3までで道に迷う

なんとまぁ、ヒトリになったのを良いことに景色なんか観ながらノンビリ走ってたらどうやら標識を見落としてしまいLOST。
そして道を間違えたことに気がつくのにかなり時間がかかってしまい。
(呑気すぎる)
大慌てで軌道修正。
なんかボクだけ逆走してる雰囲気でチェックポイント3へ到着。
軍曹には事前に電話して「道を間違えた」ことを伝えてたので「3」で待っててくれて無事合流。
しかし、かなり焦って踏んだので脚が終わりかけ。💀
かなりオーバーペースになってました、この時点で。

ポイント3からポイント4へは慎重に。
しかし既に終わりかけの脚ではチーム軍曹に追いつけるはずもなくあっさりと単独走。
ただし道に迷わぬよう、常に誰かの後ろで走ることを心がける。
でも、この辺から非常に強風になり。
①のアイウエア忘れた件がネック。
黄砂や小さな虫?なんかが頻繁に視界を塞ぐ。👓
もうかなり閉口。

なんやかんやで断魚渓へ。
ランチタイム。
カレーライスを受け取りむさぼり食う。
チームのメンツには「オレ、もうアカンし!」と脚の終了を告げる。
しかし、このあとさらなる悲劇が襲いかかる。

遅いボクはチームより先に断魚渓を出発。
少しでも時間を稼ぎたかった。
しかし、あっけなく数キロでチームに抜かれ。
ボッチ走でマッタリ走ることに。
そこから数十分経過。
こりゃ、まただいぶチームに遅れるなぁ、と思い、再び軍曹に電話しようとポケットに手を伸ばしてみるとスマホがない。😱

③スマートホンを昼食会場の断魚渓に忘れてくる

とどめの悲劇を喰らう。
な、な、なんだとー
さて、何キロ戻るんだろう?
考えるのも嫌になったんだけど戻らざるを得ないので、意を決して戻る。
再び断魚渓へ。
ランチを喰ったベンチにそのままスマホが置いてありました。💦
日光で加熱されアチチになってました。(笑)
ロストタイムは、、ざっと1時間弱?
ここからかなりペースをあげないと時間制限でアウトかもー、と焦る。
必死で踏む。
まるでレースやなぁ、とか思いながら踏む。

必死の追走。
ようやくカヌーの里で軍曹達と合流。
「スマホ、忘れてきてん」と理由を説明。
この地点で既に走行距離が190km。
脚も完全に終わってて、右膝が悲鳴。
軍曹に「三瓶山には登らず、ゴールに向かう」と伝えてチームから離脱を決意。
ひとりでボツボツ、、、ゴールを目指す。
(しかし決して楽なルートではなくしんどかった(笑))
ようやくゴール。
そしてボクだけ211km走って終わり。
ああ、しんど。
三瓶山に行ってたら標高がプラス1000mぐらいになるのかなぁ??
そんなの無理やったなー。😖

コロナ禍で怠けすぎていたので自重も重くなっていたところにいくつものハプニングが襲いかかり「三瓶山でプリンを食べることができなかった」わけです。🍮
残念至極。
来年はしっかりトレーニングを積んでリベンジしたいのです。🔥

0 コメント: