2013年6月10日月曜日

第17回 JBCF 栂池高原ヒルクライム

まず、最初の動機に「いったことないとこ、行ってみたい。」ってのがイチバンな感じで。
もはやオサーンの「思い出作り」ではあるまいか。
そんな気分の栂池でゴザイマシタ。

前泊なので。

土曜日の朝、6時に起床。
色々準備して午前8時過ぎに出発。
Google様の計算では「5時間かかるで。」ということだったので…運転の嫌いなボクには苦行です。
まぁ、それでも何とか工事渋滞とかに悩まされながらも午後1時過ぎに到着。
チームメイトのガンジーはまだ到着してなかった?
ボクより早く出たのになぜ?と不思議に思い電話してみたら道に迷ってた…

なんとかガンジーとも合流して試走に。



ご機嫌。
まるで絵葉書のような風景。
思わず足を止めて思い出作り記念撮影会。
ところどころに雪を残す頂き、綺麗でした。
クルマは通行止めっぽいのでめったにクルマは走ってこないので(ゼロではなかったけど)。
自転車とハイキングの人しかいない。
道は荒れてるのでパンク怖そうだったけど、なんとか走れた。


ゴール地点につくと、雪世界。
いやー寒いわ。
ガンジーはちゃんと着替えを用意して登ってきてたんだけどボクは(なんとかなるんちゃうん?)となんの着替えもなしに登ってしまった…(汗)
おかげでダウンヒルは寒さとの戦いでした。
ガクガクブルブル。

降りたらさっさと受付を済ませて、ホテルへ移動。
白馬の周辺はスキーシーズンしかダメみたいで、どこもかしこもゴーストタウン。
どこを見てもゾンビが出てきそうな雰囲気。

ボクもガンジーも腹ペコだったんだけど。
午後5時半ではどこのお店も営業してない…
しかたなくホテルから近いお店で営業してるとこならどこでもええわ!ってことで。
突入。
鉄板焼きのお店なのか?と思いきやジンギスカンまでメニューに有るという変わったお店だった。
腹いっぱい食べて、ビールで酔っ払ってホテルに戻ったのは午後7時ぐらい。
あっという間に就寝。
たぶん午後8時までには寝てたと思う。
次に目がさめたのは午前1時ぐらい、、やばいかな?と思ってたけどしばらくしたらまた寝てた。
次に目が覚めたらもう朝でした。(^^)

午前6時半、フロントでガンジーと待ち合わせて、レース会場へ。
黙々と準備して、ウォーミングアップ。
40分ぐらい固定回して仕上げてから、スタート地点へ。
実は前日試走の時、スタート地点から走らず、3kmほど短いコースしか走ってないので。
スタート地点にいくのは、本番当日が初めてだった。
そして、その「走っていない3km」がいちばん大変そうな勾配とコースだった…(汗)
つづら折りが連続してて勾配もきついし、千切られたら一人ぼっちにされてしまいそうな…そんな悪寒。(TдT)

ボクの目標は「最後まで集中力を切らさず走る」こと。
比叡山の時のように、途中で諦めないこと。

9時4分、スタート。
最後尾からのスタートだったので落ち着いていけた。
取りあえずは最後尾でずっと我慢してついていく。
誰かが落ちてくるのをじっと待つ。(笑)
誰も落ちて来なかったらボクがビリである。(汗)
ビリは嫌だなぁ、レース前からガンジーにずっとボヤいてた。
そうこうしてるうちに、ひとり落ちてきた。
かわして、ビリの座を明け渡す。
そしてまたすぐふたり落ちてきた。
(助かった…)
こうしてこの時点でビリは回避された。
ここで安心したのか、集団についていけなくなり、自分も落ちてしまう。

こうなるともうペース配分しかない。
早くに使い切ると後が大変。
こっちは10秒もダンシングできない身体だし。
リハビリ中ですからね…
ワット計とにらめっこ。
270w前後で、山に入るまではキープ。
道が狭くなって荒れてきたところから、若干落として240wキープぐらい。
心拍数92%ぐらいで。
ずっとGarminだけ見て、数値とにらめっこ。
誰に抜かれようがお構いなしに。
ひたすら同じパワーで回し続ける。
8kmぐらいでガンジーに抜かれる。
中間地点まで抜かれなかったのはおかしい。
ガンジーに「遅いぞ!?どうしたんや!」と怒鳴る。
「ありえへんぐらい調子悪い。」というガンジーの答え。
そんなこともあるんや。

しかし、他人のことは言っていられない事態に。
中間地点を過ぎてからボクも急にダウン。
いわゆる「黄金のタレ」状態。(使いきった感じ?)
やばい、まだ半分あるのに、もういっぱいか。
今度はワットよりも心拍数をみて88%になったらダンシングして91%まであげて、しばらくまたシッティングで回す、というのを繰り返す。
とにかく脚がダメなら心臓は目一杯使う、ということで。
ギリギリまで、最後の一滴まで、絞りだすイメージで走り続けた。

ラスト3kmぐらいから、今度はリハビリ中の右鎖骨が痛みだし。
いよいよ満身創痍の状態に。
(もうアカンか…)
と終わりそうになる頃に「残り500m」を見て、生き返った。(笑)

photo by ガンジー
ゴール。
ヒルクライムはゴールの瞬間がいちばんうれしい。
ロードレースはゴールの瞬間ってほとんど感覚がないんだけど。
ヒルクライムは「ああ、終わった。」という安堵感がたっぷりだ。

結果は散々だったけど。
自分なりに数値は残せた。
Max Avg Power (20 min): 250 Wは前回の比叡山で230Wという残念な結果だったのを上回り、伊吹山の240Wを超えて、骨折後、最高記録に。
自己最高(去年の11月)は270Wなので、戻せてるなぁ、と感慨深かった。

レース後は、指示通りにゴンドラで下山。
かなり並ばされてちょっとうんざりしそうだったけど、乗ってみると意外に楽しい。ヽ(^o^)丿


ガンジーと二人でめっちゃゴンドラの中ではしゃいだ。
景色は相変わらず絶景だった。
ボクはスキーとかしないのでゴンドラとかあんまり乗ったことないので感動した。


下山してから、温泉に入り、白馬の駅近くの「蕎麦」屋で蕎麦食って帰路へ。
帰路もなんだかんだとたっぷり5時間。(´・ω・`)
やはり遠いなぁ…

もう少し近ければ毎年行きたいなぁ…と思うんだけど…