2019年5月28日火曜日

BSX Insight discontinued

かなり前に「BSX Insight」という計測器をクラウドファンディングで手に入れまして。
しばらく使ってたのですが。
初期型はGarminなんかに数値を表示することが出来ず。
現実的には「室内でのローラートレーニングでしか使えない」という欠点がありました。
ローラーは基本的に嫌いなボクには致命的な欠点だったので。
すぐに使わなくなり放置されてました。
その後、Ver2が開発されたそうで「Ver1のユーザーには安価でアプデするよ」ってメールが来たんですが安価でもなかったのでアプデもイラネにしてました。

んで、ぜんぜん存在も忘れてたのですが。
こないだBSXからメールが来まして。
ぜんぜん売れないからさー倒産するわー」だって。(笑)
アップデートの中止、新しいOSへの対応、開発もすべて停止。
サポートは今後1年は続ける(と2018年2月9日発表なので現在はもうサポートもないかも)
Ver2はGarminと接続して表示するためのアプリがGarmin Connect IQで公開されてますがオープンソースコミュニティに公開しちゃうようです。
さて、倒産するのはどうでもいいんですが。
このディスコンによりEbayでBSX Insight Ver2が投げ売りされまして。😀
さくっと落札してゲットしました、Ver2(BSX Insight XM2という機種です)。😊
実はWahooとBSXもけっこう相性が良くて。
Garminのように複雑なことをしなくてもデフォルトでBSXと接続することができます。😊
んで接続できたら何が計測できるのか?と言うと。
血中成分ですわ。
よく「乳酸溜まった!」って云いますけど。
それを数値化してみよう、ってことですね。
問題は「それを知ったからってどう鍛えるの?」って部分ですけど。(笑)
酸素飽和度なんてのはこれまで指先を針みたいなので突いて出血させて計測するものでしたからねー。
LEDで測定するってのはゴイスーなテクノロジーやと思うのです。
いまからEbayで投げ売りが始まると思うので「数値化マニア」は手に入れてみるといいかもしれません。日本までの送料込みで1万円以下で手に入れました。😀

年齢を重ねる毎にパワーメーターの数値も大事なんですが「心拍数」やら「血圧」やらそっちの基礎的健康数値を重要視するようになってきたのです。(笑)
宮古島でも感じましたが「最後は底力勝負」だと、、、
んでその「底力」が年齢を重ねる毎に確実に弱くなってる気がします、いや弱くなってます。😢
なんとかせねば。
まず現状の自分を知るために「血を調べる」ことからやろうと思いました。
来年、宮古島が開催されれば、、もう70kmレースに出ることはないでしょうから。
最後まで戦える体力にしないとアカンなーと、、。
頑張ります、ご声援よろしくお願いします。🔥



0 コメント: