2021年6月4日金曜日

Google Clips

カメラが趣味だ」と公言しているにもかかわらず。
はたまたちゃんとしたデジイチも所有しているのにもかかわらず。
撮る写真の殆どがスマホ撮影です。(恥)
(最近、買い換えたXperiaのカメラ機能に正直満足しています。😅)

そんな中。
実は以前から大好きだったアイテムに「アクションカム」ってシリーズがあって。
これまでも色々購入してきたのですが。
その中でも異端児だったのに「Narrative Clip」ってのがありました。
2014年に購入して、けっこう遊んでたのですが。
残念ながら会社が解散。😢
「Narrative Clip2」というも計画されていたのですが手に入れることなく終了。
その後も似たような製品が出たり消えたりしたのです。
そしてこの分野に「まぁ、潰れることないやろ」と思われる「Google様」が参入してきたのがこの「Google Clips」でした。

2018年頃?の作品です。
出現当初は日本では未発売でした。

開封の儀




同梱されているのは「本体」と「クリップ」と「USB-Cケーブル」だけです。
本体だけでできることは「スイッチオン・オフ」だけです。

レンズの黒い縁に緑線が描いてあって、この位置だとオフ。
んでこの位置に緑線を回すとスイッチオンになります。
操作はコレだけ。
あとは適当な場所にカメラを置いておけば勝手に撮影します。
バッテリ動作時間は3時間ぐらい?となってます。
カメラと言っても動画を撮影してるんで、、アクションカムに近いですね。
その点はNarrativeと大きく違う点でしょう。
動画を撮影するモード、パラパラ漫画のような画像をいくつも繋げて動画にする撮影モード、GIFアニメの3種類があります。
普通に写真、ってのが無いんですけど。
Motion photoで保存して切り抜くって感じで写真にしています。😅
PCモニタの上に置いて撮影したらこんなの撮れました。😊📷

んでこのカメラの特筆するべき点ですけど。
本体のメモリ容量が16Gあります。
3時間、、バッテリが無くなるまで撮り続けるのか?と言えばそういうわけでもなく。
A.I.(とGoogleは呼ぶ)が機能してて、「撮影すべき被写体が前に居ると撮影する」という感じっぽいです。(わかりづらい)
んでその「撮影すべき被写体」ってのはGoogle Photoの「顔認識」を使用している(ようです)。
(ようです)にしたのはその機能を働かそうとすると「写真が足りません、もっと撮影してからにしてください」とエラーが出てその機能が働いていないようだからです。(笑)
Google ClipsはGoogle Photoの端末?と言って良いぐらいGoogle Photoと緊密に連携してまして。
顔認証のシステムとかはGoogle Photoが担ってるようで。
その結果だけ?をClipsに持ってくる感じ?のシステムになってます。
ところがその「結果だけ」をClipsに転送すると…
ご覧の通り「写真が十分じゃ無い」と怒られてエラーです。😢
ざっと10万枚ぐらいアップロードしてるんですけどねぇ、写真。😭
足りないんですか…😥
まぁ、そういうわけでこの辺の機能はよくわかってません、試せてないので。(笑)

常々ボクが思っていることで。
「写真ってのは撮るぞ!って写真と、そうでない偶然の産物の二種類がある」
っていうのでして。
勝手に撮れてました、って写真(動画)には、撮るぞ!って写真とは違う「価値」があったりしたりするんです。
そういうのをNarrative Clipで楽しんだのでした。

銀塩フィルム時代にはできなかった楽しみ方なんだと思うんですよね、こういうのって。
Google Clipsは「オートセーブ」機能があって、勝手に撮れた写真を勝手にGoogle Photoにすべてアップロードする機能があったりしますが。
これはもちろんPhotoが無料時代だったからこそできる「無駄遣い」で。(笑)
有料となった今、この機能はオフしとくべきでしょう。😂
(ボクは有料のPhotoと契約してるので、、まだ割と気軽に流し込んでますけど。)

さて。
ここまで書いといてなんですが。
このGoogle Clipsも実は「オワコン」です。😢
推定1万5千台ほどが動いた程度で終了。
Googleなのにまったく売れませんでした。
主な原因は
  • 発売当初の価格が249ドルと高すぎた。
  • アプリがインストールできるスマホはPixelとSamsungの一部の機種だけだった。
ボクも覚えているんですが、価格はさておき、「買っても使えない」ということだったんで、すぐに情報の追跡をしなくなりました。
そしてヒッソリと発売中止になりサポートも終わってました。
ただし、終わる直前に価格は値下げされ100ドル程度になってますし。
Android7が動けばアプリもインストールできるように仕様変更されてます。😊
なのでAPKファイルを拾ってきてスマホにインストールできる、ぐらいの知識があれば使用可能です。このAPKうんぬん、の書かれている意味がわからない人は買うべきではないです、欲しくても。
だってサポートなしですから。(笑)
アプリのインターフェイスはこんな感じのデザイン。(日本語非対応)
GoogleらしくSimpleです。😊
これが最終バージョンかどうか?知りませんが、ボクがインストールしてるバージョンは上の通りです。
たまに動かなくなるんですがWi-Fiをオンオフすれば復活します。
Clipsとの同期はBluetoothとWi-Fiの両方を使っているようです。(未確認)

個人的な「使用予想シチュエーション」は「レストラン等で食事中」とか「サイクリング旅行中」とか?でしょうかね。
ヒトリ飯やヒトリ旅が多いので、、、「勝手に撮ってくれ」というカメラに需要があるわけですよ。(笑)



ということで。
「勝手に撮ってくれ」シリーズ。😊
ランチタイムに「わかや」で豆腐田楽を食べてきました。😀🍚



追記:
大事なことを書くのを忘れてました!😅
Google Clipsはあくまでカメラなので動画撮影はできますがマイク機能はなく録音はできません」です!はい!

0 コメント: