2019年8月18日日曜日

ヒルクライム乗鞍スカイライン

8月18日

起きたのは6時半。
っていうか。
ぜんぜん眠れず。
なんかエコーライン終わってから戻ったときは眠くてフラフラだったのに。
我慢して映画みたり本を読んでたら眠気が飛んでしまい、、眠れなくなってしまった。💦
結局、朝まで目をつぶって耐えてただけでほぼ徹夜。😖
(こんなんで登れるかなー?)
と体調最悪を覚悟して、8時にチェックアウトして集合場所へ。
着替えたら眠気は吹き飛びましたけどね。

体調(眠い)以外は何の問題もないのですが。
前日もハードに登ったので、さすがに2日目ともなると身体が(さらに)重く感じましたわ。😅🐷
殆ど闘争心が沸いてこず。(笑)
何とか最後まで登り切ろう、という感じでした。💦
今日も良い天気でした。☀
10時にスタート。
一番最後尾から出ました。(笑)
そんなもんです、自信なし。
2回目は高山病に注意するためSMO2値を表示させてました。
血中酸素濃度が急激に減るとヤバいんだろうなーと思い。
SMO2値は常に監視して登ってました。
前半はだいたい平均70%ぐらいでしたが、徐々に下がりだし。
68%ぐらいからは意識して下がらないように注意しました。
エコーラインに比べると激坂が多い感じのスカイラインではもう前半の5kmでボロボロにされました。(笑)
残りはもう惰性で登った感じですね、まったくもって面目ない。
最終的には平均68%でゴール。
今回は高山病にはならなかったようです。
2日目にして慣れたのか?(笑)

今日は畳平でも日差しが暖かく、、昨日のように震える寒さはありませんでした。
でも下山時はウインドブレーカーとアーム&レッグウォーマーで暖かくして降りないと寒くてダメでした。

走りはまったくもってダメで。
このままじゃダメだ、と猛省しました。
老化による低下では表現できないほどの為体なので、、きっと「ゆるんでる」ということでしょう。
猛省するだけです。

そういう意味では乗鞍は実に良い場所です。
自分のダメさ加減を如実に的確に教えてくれます。
また来ねばなるまい、そう思いました…

0 コメント: