2015年12月14日月曜日

久しぶりのダイビング

12月13日の日記

前夜に斎藤くんから「明日の朝、7時40分にピックアップね。」と電話をもらってたので。
予定通りダイビングへ。
Abaddon疲れで右脹脛が頻繁に攣るんですけど…(汗)

買ったばかりのカメラとダイコンを握りしめて7時40分ちょうどにスタート。
聞かされていたとおり、今回は慶良間ではなく東シナ海の真ん中で飛び込む「ドリフト」。
2年ぶりのダイブなのにかなりハードな仕様だ。(笑)
着底できんやん…水深100m以上だし…
たまには冒険系も良いかな?ってことで挑戦してきました。
この辺
船で30分ぐらい。
到着したら飛び込んで、流されて行って、浮上したら船に拾ってもらうヤツね。

1本目からフィンキックで右脚脹脛が攣る、攣りまくり。(泣)
まともに蹴れんなぁ、と。
予想より流れはなかったんで助かったけど。
流れてたらちょっと耐えられず流されたかも?(恥)
それぐらいフィンキックできんかった。

横への流れは弱かったけど、縦の流れはすこしあったんで。
20mぐらい潜ると浮かばなくなった。(笑)
どうやら水温の温度差から海面から深いところに向かって流れがあったみたい。
中性浮力かけてもぐんぐん沈んでいく。
気がついたらデコりそうになってるし。(苦笑)
(あれ?もう40m?)みたいな感じ。
デコるとみんなに迷惑かけるんで15mぐらいで待機して何か見つかったら急潜水してみる、という消極的な作戦でプカプカ漂ってました。(恥)




残念ながら「ロウニンアジ」が5匹ぐらいいたのと1本目に潜ってすぐにマグロがいたぐらい。
どちらもカメラに写すことはできず、逃しました。(恥)
こっちの準備ができる前に登場されてもどうしようもないっちゅーねん。(苦笑)

今回、久しぶりに右耳のヌケが悪くて苦労しました。(泣)
1本目だけだけどね。
2本目からはヌケましたけど。

カメラはまだ慣れません。
色々、セッテイングに工夫しないとなぁ。
高価なカメラを使う気はないので、機材的には十分気に入ってるんですが。
(機材で良い写真が撮れるとは思っていない。)
スイッチングとか設定とか、まだまだ検討の余地アリっすね。
次回、もうちょっと頑張ってみます。

今回は午前中2本、午後から1本の3本潜ってヘロヘロ。
ドリフは疲れるよね!!(*_*)

ダイブログはもうちょっとあとに公開しますよー。