2014年3月6日木曜日

帰国しました。

なんだかんだと今年は例年より1日少なくしてもらったんで、あっという間に中国より帰国しました。(^^)
2泊3日ぐらいでイイですね、ちょうどいい長さかもしれません。

いつもの通り、時系列順に起こったことを列挙しとく。(来年の自分のために)

3月1日

セントレア空港へ。
2日のフライトが午前9時なので前日の夜にエアポート入り。
到着して回転寿司で寿司食った。
午後9時ぐらい?で閉店のようでした。
早めに行かないと飯が食えないことが判明。
遅くとも8時には空港に入っとけってことやね。

ここで食べた。

3月2日

午前6時ぐらい起床。
7時にチェックインカウンターへ。
いきなり「名前が違う事件」でチェックインできず。
しんいちろう事件
名前ぐらいどうでもええやん
その後、なんとか飛行機に乗り込みましたけど。
苦労して乗った割には機内はガラガラで。
こんなに空いてるんやったら簡単に乗せてくれればいいのにねーとか勝手なことを思いながら中国のチンタオ空港に。
2時間ぐらいだったと思います。

空港には出迎えが来ていて。
そのままクルマに乗せられ2時間ほど南下。
もうどこだかわからない。(笑)
犬を捨てに行くみたいにぐるぐるとクルマで回った気がする…
宿泊したホテルの場所はここ。

この街では良いホテルの方らしい。
プールもジムも設備されている、と訊いていたのに、行ってみると無かった。(笑)
この辺が中国らしい。
次回はもう騙されない。

ランチはシーフード。
海を眺めるシーサイドレストランで食事しましょう、と言われたので期待していったら。
IMAG1039
岩場
岩だらけの海で殺風景。(笑)
これでも夏はものすごい海水浴客で満杯になるらしい。
でも今は冬なのでこんな感じ。

この日はもう移動だけだったのですることなし。
FOOT Reflexology
足裏マッサージ
晩飯は羊の肉?とか食べに行って。
それから足裏マッサージに行っておしまい。
部屋に戻ってすぐ寝ました。

3月3日
公式な仕事はこの日だけ。
朝食はホテルですませて9時半に出発。
10時から現地企業の視察。
11時から会議。
12時からランチ&会議
13時からまた会議という名のおしゃべり。
14時終了。

これでもうすることなし。
うーん。
これだったら来年は1泊2日も可能か??

んで暇だったのでクルマで1時間ほどの観光地へ。
DSC06641.JPG
樹齢4000年?!
4000年のイチョウの樹を観に来ました。
うーん、すごい。
それなりに飾り付けされてて驚いた。(笑)


場所はここ。
来年も見ることがあれば4001歳である。(笑)

この日は夜は何もせず。
晩飯喰ったらそそくさと部屋に戻って寝た。

ちなみにボクは中国の夜は大嫌いで。
夜遊びすることはアリマセン。

ここまで100元札1枚しか持ってませんでしたけど、1元も使うこと無く終了。(笑)
まあ、2年前は1元も持たずに入国してたので100元持ってるだけでもかなりお金持ちだけどね。
DSC06654.JPG
死ぬほど楽しそうな遊園地
観光地らしく遊具もありまして。
なかなか4000年の歴史を感じさせてくれました。
なぜ中国の観光地はあちこちにスピーカーを設置して音楽を流しているんだろう?
どこいってもだいたい同じだなぁ。


3月4日

早くも帰国の日。(^^)
午前8時起床。
よく寝た。
もう食べ過ぎなので、この日の朝食は前夜スーパーで買ったイチゴのみ。
こうしてクルマでチンタオ市内へ。

フライトは午後5時なので、退屈だから市内観光。

面白くて仕方ないと言われる「青島ビール博物館」へ行ってみることにした。

ここでは贅沢に日本語ガイドのおねえちゃんを雇ってみる。

DSC06657.JPG
青島ビール博物館入り口
まあだいたい20人~50人ぐらいの団体客用のガイドさんをヒトリで雇ってみたわけなので。
ガイドさんも少々やりづらかったみたい。(笑)

DSC06658.JPG
左下の赤いコートの女性が日本語ガイド
DSC06660.JPG
中庭にあるビールのオブジェ
DSC06661.JPG
世界中のビール
DSC06662.JPG
出来たての青島ビールを頂きました。ガイドの女性もビールがダイスキだそうです。
DSC06663.JPG
中はモダン。展示物でいっぱい。
ボクヒトリとガイドヒトリなので、ものすごい速度で博物館の中を進んでいきます。(笑)
途中で団体客を追い抜き放題。

DSC06664.JPG
バーチャルサイクリングゲーム
ガイドさん曰く「仮想空間でサイクリングできる」とおっしゃるマシンがあったので。
乗ってみて、仮想空間で暴走してみた。
しかし壁を突き破ることが出来ず、建造物にも侵入できなかったのですぐ飽きた。(笑)
ガイドさんは呆れていた…
DSC06666.JPG
博物館周辺
青島ビール博物館周辺は「飲み屋」だらけ。
街中がビールだ。(汗)

この後、「桟橋」と呼ばれる海岸へ行ってみた。

ここの何がどう?なのかわからないけど人がいっぱい集まっていた。
夏はものすごい観光客の数らしい。
冬の今でも
DSC06668.JPG
寒いのに人でいっぱい
大勢の観光客でいっぱいだった。
何でも内陸部の観光客が殆どで、海を観たことがない人が来るらしい。
初めて見る海に感激してる、というわけ。
日本人には「ない感覚」ですなー。

この後はもうすることがなく。
空港でチェックインして。
(帰路は「名前が違う問題」は解決してた、みたい。)
飛行機を待ってたら。
しっかり、遅れてくれて。(笑)
フライト時間になっても音沙汰なし。
おまけにいつの間にか搭乗口が変更されてて、もうさっぱり??だった。
あのまま待合室で寝てたら乗れんな…これ…

予定より2時間ぐらい遅れて日本に戻れました。
名古屋市内に入ったらもう深夜。
ホテルのベッドに潜り込めたのはもう日付が変わってた…

今回はあまり最初から多くの期待をしてなかったので。
予想を大幅に裏切られることもなく終われました。(^^)
やはり過度な期待はしちゃいけない、ということですね。
観光するよりスーパーマーケットとかデパートでウロウロしてるのがイチバン楽しいかも。
食べ物は安いけど他のは日本とほぼ同じ。
モノによっては日本より高いのもある。
外食は相変わらず安い。
しかし「これなんだ?」っていう食材はたくさんある。(笑)
ライトな食事ってほとんどないので、3食喰ってると確実に太る。(汗)
どこかで1食抜かないと、胃腸やられますねー。

以上、報告終わり。


追記:

夏の青島海水浴場はこんな感じだそうです。(汗)(2006年7月30日)
青島海水浴場遊人多     7月30日,青島第一海水浴場內人頭攢動。近日,青島出現高溫天氣,市民和遊客紛紛來到海邊遊泳避暑。當日全市各海水浴場內遊客達15萬余人。     新華社記者范長國攝