2013年7月15日月曜日

金沢まで走るDay Stage2

アラフィフの子供が爆睡しましてね。

10時間寝ました。(汗)
感じとしては「腹が減って目が覚めた」感じ。
もちろん目覚ましなんかしてないので。
「疲れ果てて寝て、腹が減って目が覚める。」という「はじめ人間ギャートルズ」みたいなライフスタイル。
そういや、ベッドでTwitterしながら寝てしまったようで、スマホを握ったまま寝てた。
ワハハ。

自宅から敦賀までは走ったことがあるので、知ってるルートだったからね。
どちらかと言えば「トレーニングで走った」のがStage1でした。
Stage2は走ったことのないルートで、道を探しながらになるので。
あんまりトレーニングの意味合いはなく、冒険サイクリング的要素たっぷりでした。
朝、ホテルでテレビ観てたら「東尋坊」ってのをやってたので、突如として「行ってみよう」となって行くことにしたし。(いい加減)
ホテルからスタートして、いきなり道に迷って敦賀湾あたりをウロウロ。
その後、海岸沿いに走っていけばアホでも東尋坊ちゃうん?といういい加減さで突き進む。
走ったルートはこちら。


きっちり、海岸沿い。(笑)
いかにボクが方向音痴なのか?よくわかりますね。
北前船主の館 右近家の前にあった船のオブジェ
楽しくてあちこちで記念撮影してます。

しかし、なかなか東尋坊が見当たらない。
もう弱音を吐く。
東尋坊は引っ越したのか?って思い始めた頃…
到着…

東尋坊

東尋坊
温泉街の商店街みたい
東尋坊
イメージしてたのとだいぶ違う
当初、東尋坊ってのは、なんかこう日本海の荒れ狂う海、断崖絶壁、高波ザッパーン、みたいな場所で「自殺の名所」とかで、暗いイメージを持ってたんですが。
あんなとこで自殺できませんね。(笑)

東尋坊、滞在時間10分ぐらい?
で、すぐ金沢へ向かって、進んでいく。
DSC05189.JPG
片野海水浴場
金沢近くまで来た時、海岸沿い、砂浜をずっと走るルートがあって。
数年前にツール・ド・のとで走ったから知ってたんだけど。
ここで、砂が身体中にまとわりつき、靴の中も砂だらけになってしまい、そうとう凹んだ。

砂だらけ地獄ですっかりモチベーションを失って、早くゴールしてシャワーしたくなった。
しかし、脚はぜんぜん回らず。
ワットも出ない。
しょんぼり。
やはり二日間はキツイな、最後は出涸らし状態か。

んで、ゴールイン。
金沢駅到着
アラフィフ子供の旅は終わりました。(笑)
いつも一人旅。
いつも「だいたい」しか決めない。
いつも、最後はダラダラだ。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

今年は骨折治療のため、ずっと自転車旅行を我慢してきたので、とっても嬉しかった。
一時期は不貞腐れて不良になりそうだった。
やっぱり自由気ままにフラフラしてるのがボクには一番似合う。

そして、、その夜は…

酒飲んでベロベロになってましたトサ!(笑)
この辺はオサーン。

あ、そうそう。
ボクはよく「子供みたい」と言われますが。
考え方が子供なだけで、行動パターンはオサーンそのものですね。
オトナですやん。
オフクロにも「ええ歳して、何してんの!」と怒られますが。
一部分が子供っぽいだけで、大部分はオサーンやって。
オトナやもーん。ヽ(^o^)丿