2014年4月19日土曜日

第3回 JBCF タイムトライアル南紀白浜

もうダメだ!っていうぐらいブログの執筆活動が遅れています。(笑)
現在、ドラフト状態(書きかけ状態)の記事が10本を越えてますね。
まるで同時にいくつもの小説を書くようです、もうボクの頭脳では無理かもしれません。
覚えていられないのです。

ってことで。
覚えてる順に書いていきます。
まず「第3回 JBCF タイムトライアル南紀白浜

結論から書くと「なんて悔しい結果」というヤツになりました。

まず午前5時起床。6時出発。
現地には9時半ぐらい到着。
いそいそと支度して試走。
ここまで順調。
ここから悲惨。
11時半ぐらいに自主車検?でひっかかり、DHバーが長すぎると警告。
サドルも警告。
2度も変更を余儀なくされる。
すっかりポジションが変わってしまう。orz。
助監督の送迎後、黙々とウォーミングアップ開始。
ところが…
バシュっと、後輪がパンク…ああ…
スタート10分前だったので交換する時間がない。
仕方ないので翌日のクリテリウムで使用する予定のEastonホイールと交換。
後輪を交換
これが大失敗。
ギリギリまでホイールとフレームの隙間を埋めてセッティングしていたのでEastonを取り付けると、ホイールとフレームが干渉して後輪が回らない状態に陥る。(泣)
これじゃブレーキをかけたまま走ってるみたいなもん。
IMG_0299
すぐには気づかない
スタート直後は「??」で調子悪いなぁ、としか思わなかったのですが。
1回目のUターンで気づきました。
まったくもってアウトでした。
足を止めるとあっという間に止まってしまうんで気づきました。

(ああ、、アカン…)

このあとはもう地獄。
踏んでも踏んでも出ない。
後続からガンガン抜かれる始末。
泣けてくるわー。
止まってホイール交換すれば?でももはや時既に遅しやね、最後まで走りました。

終わってからフラフラに。
Garminもストップスイッチ押せなかったみたいだし、そもそもデータが消失してました。(*_*)
(動かし続けてたみたいで、バッチリ切れで終わってました。)

クルマに帰るまでに動けなくなって、2回吐きました。(汗)
吐くほど攻め込んだのは久しぶりです。(笑)
前回もたしか白浜で吐いたっけかなぁ、、ショボン。

成績も見ずに、そそくさと、白浜温泉へ。

レースなんか忘れて飲んで喰ったよ!!
もう温泉ライダーでええねん!!ヽ(`Д´)ノプンプン
吐いた分だけ喰ったったわー!