2014年10月19日日曜日

ジャパンカップ2014

17日の前夜祭でGENさんと監督代行の3人で前祝い?で餃子を食い散らかしたら胸焼けしてさあ大変。
寝てる時も何度も餃子がこみ上げてきて目が覚めた。(泣)
午前5時半起床。
今年は前日まで仕事があって宇都宮入りも遅かったし疲労困憊気味。
バイクも組み立てず寝ちゃってた。
5時半から起きてバイクを組み立て、、ゴソゴソと準備。
タイラップを切るときに失敗して自分の指を切る。(泣)
出血が止まらない。
部屋が血まみれになる。
(やばい)
輪ゴムを指に巻きつけ止血。
バイクで森林公園まで走る。
途中で街宣車に「チームまんまさん!今年は石津さんは来てますか?!」と宇都宮市内に響き渡る音量で呼びかけられて恥ずかしかった。(笑)
朝7時やぞ…(汗)
途中のコンビニでバンドエイド購入。
指に巻きつけ止血。
10枚入りのバンドエイドを購入したのだがこれがあとで役に立つことに…
8時少し前に会場に到着。
8時からと聞いていた受付が既に可能だったのでさっさと受付を済まして監督代行とGENさんの待つ場所へ。
IMAG1808
セッテイングはこれ
バイクセッテイングはいつもとだいたい同じ。
ホイールはEASTON EC90 AERO。
スプロケは28T~11T。
いつもと違ってたのは今回初採用のタイヤ「Vittoria Corsa CX III」でした。
いつもはだいたいSOYOでレースに出るんですけど。
宮古島でパンクしたりしてちょっとSOYOから離れてみようと思ったのでした。

だいたい7barで試走に出発。
登りは特に何も感じなかったんだけど古賀志の下りでいきなり後輪がズルリと滑る。
(こわー)
そして2回目のスリップでちょっとビビった。
どうやらグリップ力がいつもと違うみたい?良いのか悪いのか判断できない。
とにかくいつものブレーキングだとロックして滑る。(T_T)
これはかなり心理面でヤラれた。

試走を終えて戻ってからGENさんに「下り、今回は怖いわ。」って話してた。
慎重にならざるを得ないなぁ。

その後は少し早めに集合場所に行ってバイクを置いてからチームメイトのsatoちゃんの仕事ぶりを観に行った。
satoちゃんはまじめに働いていた。(当たり前)
1413622024240
思い出づくりが主な目的なオサーンたち
スタート直前、代行が写真を撮ってくれました。
んでスタート地点で自分のポケットからスマホを取り出して思い出写真…
Tagged!
スタート2分前
落ち着きすぎてますね。(笑)
もうちょっと緊張すればいいのに。

ここから覚えてる順番に書きます。

スタート。
後方から出ました。
先を争うつもりなし。
テント村、、池の横を走るときにすでに斜行してくるヤツがいて「おいおい!」と声を出して威嚇。
荒れた走りするヤツおるなぁ、怖いぞ。
これでちょいビビリ入ってずるずると後退。
まあ、すぐ古賀志だから慌てなくてもいいか、って思ってたんで集団後方で待機。
勾配がきつくなってきたらずるずると後退してくる選手を右に左にかわしながらアゲ。
真ん中ぐらいまでポジションあげた。
登りを終えて下りに入るとちょっとビビリ入ってたんで慎重に。
右から被されて抜かれたんでちょっと驚いたけど無難に下りを終える。
直線の見渡しのいいところに出ると少し先に7人~8人ぐらいの小集団が見えたのでそこに合流しようと画策。
●●大学ジャージの後ろで牽いてもらって小集団に追いつこうと考えるも、なかなかこの大学生?が上がらない。(汗)
このままこの学生のうしろじゃ追いつけないかも?と焦りだし、たまらず自分で追いかけることに。
必死で小集団に追いついたけど、これでかなり脚を使っちゃったんでマズイなぁと感じ。
ここからは必死の「いやーローテーションさぼらせてください」といういつもの「まえをできるだけ牽かない作戦」に出る。(恥)
JCは毎年そうなんだけど、自らすすんで前に入ってくれるんでローテーションさぼれて助かった。(笑)
これで鶴までかなり脚を貯めました。(せこい)
先頭集団からこぼれてくる選手を吸収しながら、小集団はけっこう大きくなっていて10人以上になってたみたい。
鶴までほぼノープランで来たけど、ここから色々考え始めた。
ボクの力量じゃヒトリで抜け出すことなんて不可能やし。
ギリギリまでグルペットで休んでどこかで仕掛ける。
どこかってどこ?
セブン-イレブンを左に曲がって最初の登りからやろなぁ、やっぱり。
鶴ではちょっと集団の前に出た。
普段、ジテツウで走ってるルートに似てるねん、鶴。
短い登りは鍛えてきたから行ける。
どんどん前に出てみた。
おそらく小集団の3番目ぐらいで1周目を終えて2度目の古賀志へ。
途中、代行の顔が見えた。
代行の応援に頷く余裕まであった。
(ビデオはバッテリ切れで1周目の鶴までで切れちゃってました、めんぼくない。)

2度めの古賀志。
ここは「千切れずにやり過ごす」ことが目標。
いっしょの小集団に居た中学生?がすごくて平坦では大変そうなんだけど(ジュニアギアだし)登りでは俄然軽い。(笑)
ソレに比べてオサーンライダーの重いこと。(恥)
必死に中学生に食らいついて登る。(笑)
2度めの下り。
2度めは割りと攻めた。
もうスリップは怖くなかった。
脳裏の隅っこにはあったけど、レースでの攻防がその記憶を消し去ったみたい。
もともと下りは苦手ではないし。
ここでひとりかふたり抜いた。
降りて平坦になるまでのゴルフコース横でも駆け引きに応じて前に出た。
左折して平坦路にでると、もう牽制状態開始。
なかなか速度が出ない。
せっかく抜いてきたのにまた平坦路で追いつかれて集団が大きくなった。
(まあ、いいか。決着はセブン-イレブン曲がってからやな。)と覚悟した。
セブン-イレブン交差点、左折。
しばらく平坦を走って登り。
ここで仕掛ける予定でしたし、他もそうだったみたいで。
一列だった集団がガンガン前に出てきた。
横に並ぶ?感じで登っていく。
一旦、勾配が緩んで、再度勾配がきつくなるところでボクはアタック仕掛けた。
前方に出ていったん脚を休めようとフロントをインナーに落とした、、、ところが大失敗。

ガーン

チェーンを落としてしまった…
ガチャガチャという音。
慌ててFDをアウターにしてチェーンをハメようと色々やってみるもダメ。
最終的にフレームと干渉してしまいチェーンが食い込んでまったくどうしようもなくなった。

終わった…

観念した。
道路脇に寄せてチェーンを復帰させようとするも、完全に食い込んでいて動かない。
無理に剥がそうとするとチェーンが切れそうな勢いで噛みこんでいた。

はぁ…

ため息ひとつ、大きくついて。
素手でチェーンを掴む。
力任せに引っ張って外そうと思った、それでチェーンが切れたらリタイアしようと覚悟した。
何度目かに引っ張ってやっとチェーンの噛み込みが解消。
左手親指と右手親指をチェーンで切った。(泣)
血が滴り落ちた。

なんでまた血まみれやねん…

手は真っ黒だし。
あちこちどす黒い血で染まってるし。
何分にも感じた長いメカトラでした、あとでGarminみたらたったの46秒停まってただけなんだけどね。でも46秒はもうレースではない、、(*_*)
2組のグルペット?といっしょにゴールに戻りました。
順位は58位。


まあ残念すぎて言葉を失った。
パンクに落車にチェーンと、、、今年は色々あるなぁ…

レースが終わって代行に石鹸かりて手を洗い。
朝、コンビニで購入したバンドエイドを2枚、、、両手の指に貼りました。(笑)
また役に立ったぞ!
そしてレースが終わるたびに何故か?「怪我だらけ」になるボク?!
プロレスしてるんちゃう?と疑われるぐらいです。(笑)
こんなはずじゃないのに!!

次はオキナワです!