2014年1月2日木曜日

久しぶりに海へ to the sea

ダイブコンピューターによれば2012年5月から潜ってないようです。(汗)

殆ど2年ぶりですかね。
久しぶりにダイビングに行ってみました。
色々質問されたのでちゃんとお答えしますと。

今まで100本ぐらい?は潜ってます。
ダイビングスキルには興味がないのでライセンスはOWのままです。
腰痛泣かせな腰のウエイトはアルミタンクだと冬場は3kg。
フードベスト着てる&5mmのウエット&ラッシュガードで厚着してますから。
たぶん夏だと2kgで沈みます。
スチールタンクだとウエイト無しで十分沈みますから。
腰痛には優しいダイビングですね、ボク。(笑)
機材は全て所有していますが沖縄だとレンタル機材で潜ります。自分のを持ってくるのが面倒くさいし。メンテナンスしてないのでちゃんと動くのかどうか?怪しいもんです。
那覇で潜る分にはレンタル代金は必要ないので。
撮影はやりますがボクはもっぱら動画です。
静止画にあまり興味がないからです。
海の生物はその行動が面白いのでもっぱら動画専門ですね。

さて今回も慶良間で潜りました。
別に場所はどこでもいいので(海であれば)気にしてませんが。
遠くグァムやサイパンにまで行くよりは慶良間で十分かな?って思います。
居る魚は似たようなもんですし。(笑)

1日目は機材不調で参りました。(汗)
持っていったのはビデオカメラとダイブコンピューターだけなのに。
その両方が不調とは。(笑)
ビデオカメラはバッテリがアウトでした。
充電してもせいぜい10分ぐらいしか保ちませんでしたとさ。
ダイブコンピューターはセンサーが逝きかけてて、潜っても海中計測モードに変わらず陸上のまま。(笑)
これまた殆ど意味ないじゃん、状態でした。
でもその辺は持ち前の「まあ、どうでもいいかー」で乗り切り、楽しみました。(笑)
別にダイコン無くても潜れるしカメラも無けりゃ無いで楽なこともあるし。
海さえ気持ちよけりゃええわ、ってなもんですね。

そんなんで1日目は潜っただけで終わり。
3本潜りました。
場所は以下の通り。

1本目
3本目

ランチにお雑煮いただきました。
IMAG0790
こんなとこでも正月気分。
あ、そうそう、8GB Eye-fiカードが水没して壊れました。(笑)
1日目はそんなわけで踏んだり蹴ったりで終了。
しかし、あんまり気にせず、遊び疲れて就寝。

1日目で撮影したのはミノカサゴぐらい。


1日目はあんまりビデオも撮影する気分になれず。
ちょっとダメダメでしたね、2日目にアゲていくぞっと。


そして、2日目。
いきなり午前6時に起きたはずなのに、怒涛の二度寝を敢行してしまい、次に目が覚めたら6時半。
7時半には海へ出る予定だったので、大慌てで用意開始。
人間、いくつになってもダメなヤツはダメなままだ。

なんとか出航に間に合って慶良間へ。
2日目はアゲていこう。
ビデオカメラのバッテリの件は危ないけど船上でハウジングを開けてバッテリを1本毎に入れ替える作戦で。
10分しかもたなくてもだいたい1本潜って5分も回せばいいほうなのでこれでオッケー。

2日目はボクとあとひとりのゲスト二人。
少数だったし、もう一人はまだ経験が浅かったようなのでガイド張り付きになったんで。
比較的、ボクはフリーになれました。(^^)
おかげさまで、勝手に遊び回れたんで気分もアゲました。ヽ(^o^)丿
しかし、この日の海は流れが速くて酸素消費が激しく、長く潜らせてもらえなかった。
ボクは比較的、酸素消費が少ないんだけど、いっしょに潜る人に合わせなくちゃいけないんで…

1本目
2本目
3本目

1本目でいきなり小さなウミガメに遭遇。
これで運を使い果たしたか。
あとはそんなにすごいのには出会わなかった。
仕方ないので好きなクマノミばかり撮影。
2本目からはドリフトダイブ。
1日に2本もドリフトするのは初めて。
流れが速いので流されるまま流されるだけ。(笑)
途中で、逆立ちで無重力状態を飛ばされる「ゼログラビティごっこ」をして楽しんだ。
映画を観たヒトしかわからない楽しみである。(笑)




慶良間もそろそろ飽きてきたので他のところに行きたいなぁ、とも思いつつ。
那覇は楽しいので、他って言ってもなぁ…と悩みますね。(笑)

次回の旅行プランではまたいろいろ考えることにしよう。

0 コメント: