2014年1月20日月曜日

BIG ASS SPIDER

もうその名の通り「デカイ尻クモ」が大暴れする映画です。(笑)
説明はこんだけ。


うーん。

B級ですか?→はい、そうです。(汗)

シッチャカメッチャカです。ヽ(^o^)丿

ダイスキ、こんなの。
やったるわーい!と大暴れ。
もう、くだらないったらアリャしない、なこの映画、とうぜん日本劇場未公開。(ブログ執筆時点)

アラスジはですね~
害虫駆除業者の太った「イケてない青年?」(グレッグ・グランバーグ)が主演。
モテナイくんを払拭すべく頑張るのですが空振りの毎日。
そんなある日、病院で「害虫が出た騒動」に巻き込まれ、退治することで治療費免除の約束を取り付ける。
そこになぜか軍隊?特殊部隊が病院にやってくる。
逃げている害虫は軍が生み出した「特殊なクモ」だったのでーす。
人間を襲って喰っちゃう。
んで喰えば喰うだけ大きくなることが出来るのだ!
すげーー!
アンチョク!!
害虫駆除業者のおにいちゃん(右)とラテン系ガードマン(左)の二人で戦います。
この害虫駆除のお兄ちゃんの目的は美人軍人のおねえちゃんを「なんとかしたい」こと。
このノリももうまったくコメディです。

そしてこの人、、、同じテイストの「ビッグ・バグズ・パニック」にも出演してます…
レイ・ワイズ(ツイン・ピークスのお父さん役)
Bと言えばこの人!って感じ
この作品では「軍隊のエライさん?」で登場してます。
やはりボクの中でレイ・ワイズほど「B級テイスト」な男優はいないのかもしれないっす。
強烈に印象に残るのはやはりツイン・ピークスの「あの役」ですけど。
それ以降も着々と「変な役」を演じていってます、すごい。
前述のビッグ・バグズ・パニックでは蜘蛛男?になってましたもん…

ストーリーに凝ったものはまったくなく。
初めから終わりまで全速力でB級です。
水着のブロンドおねえちゃんも喰われますし。
ビルもクルマもがんがん壊されます。
しかしグロいシーンはこれといってなく。
ちょっとおふざけ程度に顔を溶かしたり?そんなシーンがありますが。
なんか「低予算」まるだしで笑うしかないグロシーンです。


やりたい放題?暴れたらあっという間に「一件落着」(笑)
怪獣退治は「割と簡単に」終わっちゃいます。
この辺も「B級」らしく「続編なんか創る気ねえぜっ!」みたいな「あっさり感」が、最近珍しくなったのでGood!!(笑)

最後まで「ニヤニヤ」しながら観れました、はいお腹いっぱい。


0 コメント: