2010年12月3日金曜日

ウィッチマウンテン/地図から消された山

タイトルから勝手に想像してて、ミステリーかオカルトものかなぁ?と。
んでちょっと怖いとイヤなので敬遠してたんですが。

意を決して観てみると。
作品の冒頭に「ウォルト・ディズニー」のマークが…
(ああ、なんだぁ、ディズニー作品ですかー)
ということで、その時点からは肩の力を抜いてリラックスして観れました。(笑)

ウィッチマウンテン/地図から消された山 [DVD]
B004BLKB9Y

どうやら「リメイク作品」のようで。
原作は1975年作品「星の国から来た仲間 」らしい。
宇宙人の子供が二人、、地球にやってきて。
ラスベガスのタクシー運転手と出会い、FBIから逃げ回る?
FBIじゃなかったっけ?政府関係者?NASAなのか?
逃げ回るっていってもシリアスなんじゃなくてどことなくコミカルに逃げ回ってくれます。(笑)
子供、二人は兄妹で。
お兄ちゃんは物体をすり抜けたり、身体を硬くしたりできて。
妹は人の心を読み取ったり、念力で物体を動かしたりできる。

この兄妹は当初、タクシー運転手のジャックのことを信用してなかったんだけど、徐々に打ち解けていって、宇宙人と地球人の友情?みたいなのが芽生える。
んでジャックはなんとか兄妹を宇宙に帰してやろうとするわけっす。
兄妹の乗ってきた宇宙船は「地図から消された山」と呼ばれる政府関連施設に保管されていて。
「よし、じゃ、そこに行って宇宙船を奪い返すぞ!」とジャックが言うと。
宇宙人研究家のドナルド博士が「なんだって!?あの施設にはアリ一匹入れないぞ!死ぬ気か?!」と叫ぶわけ。
んで、その「アリ一匹入れない」はずの施設に「通風口から侵入してみよう」と言うと、すんなり入れてしまう。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
なんじゃ!めっちゃ簡単に入れるやーん!
と、この辺がディズニークオリティか…ガクリ

なんだかんだと色々ありますが、兄妹は無事帰ります。
めでたしめでたし。

タイトルに惑わされることなく。
「普通の」ディズニー作品です。
可もなく不可もなく、お子様と一緒に楽しめる!って感じ。
んでタイトルに惑わされたボクには「肩透かし」喰った感たっぷり、のまま終わってしまいましたとさ。